本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

「陰山手帳2019ライト版」【手帳レビュー】家族全員のイベントをしっかり管理

IMG_2457

詳細手帳レビューシリーズ第4弾。

「陰山手帳2019通常版に続いて、「陰山手帳2019ライト版」を紹介します。  

ライト版も一昨年から紹介しており当ブログでもレビューしていますが、

 

www.s-ichiryuu.com

www.s-ichiryuu.com

 

通常版ではちょっと大きすぎるとか、見た目がビジネスライクすぎてプライベートで使うのは気がひけると行った方に好評です。

なお、陰山手帳2019通常版のレビューはコチラ

 

www.s-ichiryuu.com

 

※最新の「陰山手帳2020」と「陰山手帳2020ライト版」のレビューはこちら

 

www.s-ichiryuu.com

www.s-ichiryuu.com

 

 

 

 

 

「陰山手帳2019 ライト版」詳細レビュー

 

手帳の外観など

IMG_2458

▲陰山手帳ライト版はビジネスライクな通常版と違ってかなり親しみやすいデザイン。
帯のデザインもプライベートを意識したものとなっています。 

大きさはB6サイズの変形版(通常のB6サイズより若干幅が広い)。
通常の陰山手帳より一回り小さくコンパクトですが、厚みは通常版と同じくらいです。

IMG_2459

▲帯にはこの手帳の特徴が端的に紹介されています。

・180度パタンと開く
・51ページもあるメモ帳
・家族の予定もプロジェクト管理表で把握
・1行日記

など。

そして、あとで紹介しますが「しおりひも」が3本に増えました! って、そこですか?(笑)

IMG_2460

▲裏にはこの手帳のメインページとなる週間スケジュールのページの紹介

IMG_2461

▲2019年版から右のターコイズブルーに新たに左のガーネットレッドが新色で追加されました。

IMG_2466

▲重さは実測で276g。
通常版が365gなのかなり軽いです。

表紙、みかえし、とびらページ(前)

IMG_2463

▲帯を取ったところ。
透明ビニールカバーの装丁。
写真やポストカードを挟んでオリジナル感を出すのもいいでしょう。

IMG_2464

▲デザイン的にはシンプルで、ロゴは「K diary Light 2019」のみ。

表紙はソフトカバーです。

IMG_2467

▲表紙をめくったところは装飾なし。
「みかえし」の部分はレッドとブルーでそれぞれ色が違います。
レッドの方は赤というよりピンク色です。

IMG_2468

▲とびらページをひらくと

IMG_2469

▲陰山手帳ライト版のロゴ。
通常版では「ビジネスと生活を100%楽しめる!」と書いていますが、ライト版では「家族も自分も幸せになる!」とあって、よりプライベートでの使用を意識していることを表しています。

記入ページ

 

年間カレンダーページ

IMG_2470

▲年間カレンダーのページ。
左ページに当該年の2019年、右ページに前年の2018年と次年の2020年のカレンダー。

IMG_2471

▲通常版もそうでしたが、天皇陛下の退位と即位に関連した日程を日の丸のマーク付きで表しています。

手帳の使い方

IMG_2472

▲続いて手帳の使い方の解説ページ。

IMG_2473

▲通常版が3ページだったのに対して、ライト版は4ページに渡っています。

月間カレンダーページ

IMG_2474

▲月間カレンダーページはいわゆるいわゆるマンスリーブロックタイプ。
月曜始まり、6段で、左側に書き込みスペースがあります。
日付以外に表示されているのは六曜と祝日名。
1日のマスの大きさは縦27mm×横30mm、ライト版とはいえ十分なスペースです。
期間は2018年12月から2019年12月まで。

IMG_2475

▲左ページ上段。
旧暦名とその月のテーマなどを書き込みスペース。

IMG_2476

▲左ページ下段。
左端の書き込みスペースに10個のチェックリスト欄があります。

IMG_2477

▲右ページ下段には前後の月のミニカレンダーがあります。
こういった実用面での細かな工夫は通常版譲り。

プロジェクト管理ページ

IMG_2478

▲いわゆるガントチャートのページ。
このページが有るのが「管理」に重きをおいている陰山手帳の最大の特徴です。

IMG_2479

▲項目数は8項目で、それぞれ3行構成。

週間予定ページ

IMG_2480

▲この手帳のメインのページとなる週間予定のページ。
いわゆる週間バーチカルタイプです。
通常版が週間レフトタイプのバーチカルなのに対して、ライト版はご覧のように見開き2ページを使ったバーチカルタイプなので、ノートスペースはありませんが、スケジュールを書くスペースには余裕があります。

期間は2018年12月3日から2020年1月5日まで。

IMG_2481

▲左ページ。
時間軸の表記は8時〜22時までで、1時間あたりの書き込みスペースは7mm×30mm。
左端のチェックリストは10項目。

IMG_2482

▲各日にちの欄には六曜と月齢。
そして右上に何週目かの表記。

IMG_2483

▲下段には陰山手帳独特の「朝」「昼」「夜」「睡眠」の欄。
さらにその下は書き込みスペース。
左下にはミニカレンダー。

IMG_2484

▲右ページ上段には毎週陰山先生のコラムがあります。

IMG_2485

▲また、月間インデックスも装備されています。
ライト版ですが使い勝手はよく考えられています。

おまけのページ

ここからはおまけのページ。
ほぼ、通常版と同じラインナップです。

キャッシュフロー管理票のページ

IMG_2486

▲キャッシュフロー管理票

IMG_2487

▲項目はご覧のとおり。

1行日記のページ

IMG_2488

▲1行日記は通常版と同じく見開き1ヶ月で2018年12月から2019年12月まで。

IMG_2489

▲ただし、通常版にあった天気の記号や顔マークはありません。
凄くシンプル。

「2018年10大ニュース」と「2019年10大ニュース」のページ

IMG_2492

▲「2018年10大ニュース」と「2019年10大ニュース」は通常版と同じ。

ノートのページ

IMG_2493

▲ノートのページは51ページとライト版ながらたっぷり。
5mm方眼罫です。

IMG_2494

▲各ページにページナンバーが記載されているのも使い勝手がいいです。

とびらページ、表紙(後)

IMG_2495

▲著者情報と出版社情報など。

IMG_2496

▲パーソナルデータの記入ページ。

IMG_2497

▲手帳カバーにはペンホルダーもあります。
太めの4色ボールペンも装着できます。

IMG_2498

▲表紙(後)。

IMG_2462

▲補足として。
先述しましたが、2019年版の大きな変化の一つが紐栞が3本になったこと。
マンスリーブロック、ガントチャート、ウィークリー各ページに使えますね。

通常版も栞を3本にしてほしいところです。

「陰山手帳2019 ライト版」レビューまとめ

まず2018年版との違いをまとめると、

・紐栞が3本になったこと
・新色ガーネットレッドが追加されたこと
・天皇陛下の退位と即位に関する記載があること

などです。

手帳の中身については基本的に変化はありません。

陰山手帳通常版の「管理」に特化した特徴はしっかり引き継ぎつつ、コンパクトになり、携帯性が向上しているのがライト版の特徴です。

実際B6サイズというのは、女性がカバンに入れて持ち歩くのにぎりぎり許せる大きさではないかと思います。

A5サイズはちょっと大きいという方多いですよね。

「家族も自分も幸せになる」のコピーが表しているように、プライベートでの使用を意識している手帳だけに、たとえば透明なビニールのカバーは、家族の写真を入れてもいいでしょうし、自分好みにカスタマイズすることができます。

また、ガントチャートは家族みんなの予定を把握するのに便利そう。

180土ページが開く糸がかり製本だったり、標準版と同じちょっと硬めのしっかりした紙質など、手帳としての基本性能も確か。

陰山手帳は良さそうだけど、ちょっと大きいしビジネスライクすぎて仰々しいという方におすすめです。

この手帳はダイヤモンド社様よりご恵贈いただきました。
ありがとうございました。

このエントリーで紹介したのはこちらの陰山手帳ライト版。
2色展開です。

家族も自分も幸せになる! 陰山手帳2019 ライト版(ガーネットレッド)

家族も自分も幸せになる! 陰山手帳2019 ライト版(ターコイズブルー)

陰山手帳2019(通常版)は3色展開。
9月21日発売開始で、Amazonでは予約受付中です。

ビジネスと生活を100%楽しめる! 陰山手帳2019(黒)

ビジネスと生活を100%楽しめる! 陰山手帳2019(アイボリー)

ビジネスと生活を100%楽しめる! 陰山手帳2019(茶)

 追記:過去の陰山手帳ライト版のレビュー

www.s-ichiryuu.com

www.s-ichiryuu.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA