本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

ロルバーンノートダイアリー(B6)【手帳レビュー】超シンプル、これぞ必要最小限なミニマムスケジューラー

IMG_2629

詳細手帳レビュー第6弾。
今回はロルバーンノートダイアリー(B6)を紹介します。

これまでもロルバーンダイアリーを紹介してきましたが、ロルバーンといえば、

・リングノート
・硬質厚紙のハードカバー
・100ページ以上あるノートページ

という特徴がありました。

 

www.s-ichiryuu.com

 

しかし今回紹介するロルバーンノートダイアリーは、通常のロルバーンシリーズとはかなり違います。

その名の中に”ノート”とあるように、一般的な”ノート”に近い作りとなっています。

ではその特徴を紹介していきましょう。

「ロルバーンノートダイアリー」詳細レビュー

手帳の外観など

IMG_2625

▲一般的なロルバーン同様、パッケージングはいたってシンプル。

上部に貼ってあるラベルに特徴が記されているだけ。

IMG_2626

▲そのラベルの裏側に「Roiibahn Note Diary B6」とあります。

IMG_2628

▲開封。

手に持った印象はとにかく軽い、そして薄い。

通常のロルバーンシリーズとは全く別物です。

IMG_2630

▲念のため重さも計測しましたが、もうほとんど気にしないでいいレベル。

表紙、みかえし、とびらページ(前)

IMG_2631

▲表紙をめくりますが、ご覧の通りソフトカバーです。
表面はコーティングされているので耐水性はありそうですが、耐久性はちょっと心配。

IMG_2632

▲表紙をめくったところ。

見返しと扉ページは兼用。
こういう構成はロルバーンダイアリーと同じです。
また、黄色みの強い紙質も同じですね。

記入ページ

IMG_2633

▲まずは年間カレンダー。
2019年と2020年のカレンダーが1ページに記載。

そして右ページからは年間スケジュールページ。

IMG_2634

▲今回ご紹介するのはB6サイズですから、さすがに1日のマスは狭くて、縦5mm×横21mmぐらいです。

IMG_2635

▲2019年1月から2020年3月まで、3ページに渡っています。

休日の欄が色付けされている以外は何も記載されておらず、非常にシンプルなデザイン。

IMG_2636

▲そして次にマンスリーページ。
通常のロルバーンダイアリーと同じデザインですが、やはりこうした見開きで使うページはリングがないほうがスッキリしていて使いやすそう。

もちろん好みの問題ですが、僕はこちらのほうが好きですね。

IMG_2637

▲表記は非常にシンプルで、一番上に曜日が漢字とドイツ語、そして英語で書かれています。
あと、祝日が表記されているだけで、六曜とか月齢とかはありません。

IMG_2638

▲見開き右側は、メモ欄があります。
そしてその下に次月のミニカレンダーが記載されています。

IMG_2639

▲ロルバーンシリーズのマンスリーページは全てそうですが、5段表記になっているため6週目があるときはご覧のような表記となります。
ここはちょっとマイナスポイント。

IMG_2640

▲ちなみに人マスの大きさは約2cm8mmの正方形。

おまけのページ

 

 

IMG_2641

▲マンスリーページの後はメモページ。
ロルバーン共通の5mm方眼罫のメモページが29ページあります。

100ページ以上のノートページが用意されている通常のロルバーンダイアリーと比較するとかなり少なめです。

 

とびらページ、表紙(後)

IMG_2642

▲ノートページの後は扉ページもなく、すぐに表紙(後)となります。

まさに”ノート”そのもの。

IMG_2643

▲そして表紙(後)。

まとめ

以上、ロルバーンノートダイアリー(B6)を紹介しました。

僕が持った印象としては

ロルバーンダイアリーの機能をさらに極限まで削ったダイアリー

という感じでしょうか。

通常のロルバーンダイアリーと比較すると、

・リングノートではない
・ノートページは29ページ
・表紙はソフトカバー
・ページを切り離すためのミシン目はなし
・クリアポケットはなし
・ゴムバンドなし

といった違いがあります。

これだけ違うと、ロルバーンファンにとってはもはやロルバーンとは言えないかもしれませんね。

ですが、定評のあるノートページの紙質はそのまま。
ここは一番肝心なところです。

結局どう使うかで評価は変化します。

このロルバーンノートダイアリーが向いている人は、

・それほどスケジュールを記入する必要がない
・ノートページはそれほど必要ない
・ハードカバーが嫌い
・リングノートのリングは邪魔
・とにうく薄く、軽いのが一番

といった方でしょうね。

IMG_2644

唯一気になるのは、耐久性でしょうか。
この薄さ、軽さはカバンの中で行方不明になりそうですし、

IMG_2646

角を丸く”面取り”してくれていますが、乱雑に扱うと引っかかって折れ目が入るかも。

ちょっと使う人を選ぶダイアリーだと言えますね。

最小限のスケジューラーでいいという方におすすめ。

今回紹介したデザインとは違うのですがリンク貼っておきます。

デルフォニックス ロルバーンノートダイアリーB6(2019年版:2018年10月はじまり) ダークブルー

カラーバリエーション豊富で、サイズもA5、A6、B5もありますので、好みに合わせてお選びください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA