本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

脱藩(退職)最初の旅 2日目【旅ログ】伊勢神宮参拝、おはらい町、夫婦岩

こんにちは、一龍(@ichiryuu)です。

3月の終わりに行ってきた、京都・伊勢の旅後半の旅ログです。

1日目は退職の辞令をもらってそのまま京都に向かい、坂本龍馬に脱藩の報告をしました。
その旅ログはこちら

 

www.s-ichiryuu.com

 
そして今回はその翌日、伊勢神宮に参拝してきたときの記録です。
これから伊勢神宮に参拝される方の参考になれば幸いです。

なお、この旅の動画はYouTubeにアップしていますので、よろしければこちらもご覧ください。

伊勢神宮参拝

伊勢神宮参拝に関して、一番参考になるサイトは、やはり公式サイトです。
マップや参拝のマナー、モデルコースなども紹介されています。

伊勢神宮公式サイトはこちら

伊勢神宮は正式には「神宮」といい、125の宮社からなっています。

この125社すべてお参りはできませんので、最低限ここだけは外してはダメですというところを今回は参拝してきました。

伊勢神宮は大きく分けて外宮と内宮にわかれます。
参拝はまず外宮、その後内宮の順です。

外宮 正宮

 

名称未設定

この日(3月30日)は土曜で混雑が予想されたので、大阪を6時過ぎに出発。
外宮には8時過ぎに着きました。

が、もうすでに駐車場はいっぱい。
皆さん行動が早いです。

外宮ではまず正宮(豊受大御神)に参拝します。
ここは天照大神のお食事を司る神様、豊受大御神をお祀りしている社。

ここで最初に参拝した後、別宮に向かいます。

FullSizeRender

その途中にあるのが三ツ石。
式年遷宮のときにお祓いをする場所ですが、最近はパワースポットとして知られているようです。

外宮 別宮 多賀宮

名称未設定5

すこし石段を上がったところに多賀宮があります。

外宮には4つの別宮がありますが、この多賀宮は外宮の正宮に祀られている豊受大御神の荒御魂をお祀りしている一番格式の高い別宮です。

正宮に参拝したら、荒御魂をお祀りしている別宮に参拝するというのが、外宮でも内宮でも基本的な参拝パターンです。

移動

外宮参拝を終えたら内宮に向かいます。
伊勢神宮は外宮と内宮が少し離れており、車だと10〜15分程かかります。

今年は陛下のご退位と新天皇の即位があることも関係しているのか、参拝者が非常に多いと聞いていたので早い時間帯に内宮に向かったのですが、9時半の時点でもう内宮に一番近い駐車場は満車でした。

それで、少し離れた河川敷に誘導されました。
相対した距離ではないですが、歩くのが嫌だという方はかなり早朝に内宮に行くことをおすすめします。

なお、河川敷に駐車すると、おはらい町を歩いて通って内宮に向かうことになるので、これはこれで楽しいものです。

内宮 正宮

名称未設定 3

内宮の入り口。
ここから内宮は基本的に右側通行です。

IMG_3728

通常、参拝前に御手洗場で手を洗い口をすすぎお清めをします。
内宮にももちろんその施設がありますが、本来は五十鈴川でお清めをします。

その五十鈴川の直ぐ側ですがちょっとわかりにくいところに五十鈴川の守り神である瀧祭神が祀られている小さな社があります。

内宮の主神である天照大神と取次をしてくれる神様だそうなので、そちらにもお参りしましょう。

名称未設定6

さて、五十鈴川でお清めをしたらいよいよ正宮に向かいますが、その途中にあるのが四至神です。
この土地の守り神で、社はなくこのようにむき出しになっています。

ここもパワースポットとして知られており、手をかざすと非常に強いバイブレーションをビリビリと感じます。

IMG_3733

さて、内宮の一番奥まったところ、清浄な木立の中を砂利を踏みしめ暫く歩くと正宮 皇大神宮に着きます。

この石段を上がるところからは撮影禁止です。

天照大神をお祀りしている社であり、皇位の印である三種の神器の一つ八咫の鏡を御神体としています。

ここでお参りするときはお願い事をせず、日頃の感謝の気持ちを伝えるのだと聞いています。

内宮 別宮 荒祭宮

IMG_3749

そして、皇大神宮で感謝の気持ちを伝えたあと、別宮 荒祭宮に行きましょう。

こちらの別宮は天照大神の荒御魂をお祀りしており、お願い事はこちらでするものだそうです。

以上、①外宮正宮(豊受大御神)→②外宮別宮(多賀宮)→③内宮正宮(皇大神宮)→④内宮別宮(荒祭宮)が、伊勢神宮参拝で絶対外せないコースです。

そのほか、参拝したらいいと僕が聞いたのが次の別宮(風日祈宮)です。

風日祈宮(かざひのみのみや)

DJI_0085

内宮の参拝ルートからちょっと外れますが、風日祈宮橋を渡ってすぐのところに別宮があります。

DJI_0087

風日祈宮といって、本来は雨風を司る神様をお祭りしているのですが、願い事を早く叶えてくれると聞いたことがあります。

それで僕は伊勢神宮参拝の時必ずお参りすることにしています。

おはらい町

以上で参拝は終了。

この時点でまだ10時半でしたが、もうすでにおはらい町はものすごい混雑でした。

まだお昼には早かったのですが、朝が早かったので名物の伊勢うどんを食べることに。

伊勢うどん

今回立ち寄ったのは奥野家さんでした。

DJI_0095

ミニ海鮮丼と伊勢うどんのセットメニュー。
1日限定10食ですが開店と同時に入ったので注文できました。

FullSizeRender

これで1100円ならお得ですね。

IMG_3765

ミニといいつつ、結構なボリュームのある海鮮丼。

IMG_3766

そして伊勢うどんですが、

IMG_3767

まぁ、うどん県民にとっては「これはうどんちゃうやろ!」とツッコミを入れたくなる柔らかさ。

でも名物ですから一応抑えておきますが。

関連ランキング:うどん | 五十鈴川駅

赤福のぜんざい

伊勢うどんの後、デザート代わりに赤福に行きました。

動画の中では赤福本店とテロップに書きましたが、正しくは赤福内宮前支店さんです。

FullSizeRender

で、ここではおなじみの赤福が食べられるわけですが、今回はぜんざいを注文してみました。
これが大正解。

IMG_3770

赤福特有の紫かかった色のぜんざいで大粒の大豆入り。
しかもお餅がやわらかくトルコアイスのごとくのびのび。

これは絶対食べたほうがいいですよ。

関連ランキング:和菓子 | 五十鈴川駅

夫婦岩

さて、伊勢神宮参拝も終わり、伊勢うどんも食べてお腹も満たされて、これでもう帰ってもいいのですが、まだお昼すぎだったので、ちょっと足を伸ばして二見輿玉神社、通称夫婦岩に行ってきました。

IMG_3779

昔々は伊勢神宮への正式参拝の折、ここで海に入り禊をしたところです。

なので、本来伊勢神宮参拝前にお参りに来るべきところ。
ちょっと順番が逆になりましたが、もし時間が許すようならぜひこちらにもおこしください。

IMG_3782

夏至の日には夫婦岩の真ん中から太陽がのぼります。
その写真は見たことあるんじゃないでしょうか。

IMG_3776

この神社は夫婦和合とか縁結びの御利益があると言われるそうですが、ここで祀られているのは猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)と宇迦之御魂大神(うがのみたまのおおかみ)で、猿田彦大神はスタートアップに力になってくれる神様です。

なので、独立した僕はお参りしたかったんですよね。

ということで、これで今回の旅は終了。

この後2時間かけて大阪まで戻り、その翌日香川に帰ってきました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA