本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

饂飩じんごろう【さぬきうどん】マイルドな宮武系うどん店、今後の進化も楽しみ

饂飩じんごろう【さぬきうどん】マイルドな宮武系うどん店、今後の進化も楽しみ

先日、惜しまれながら閉店した名店松岡。

当ブログでの紹介記事はこちら

 

www.s-ichiryuu.com

 

その跡地に同じく宮武系のうどん店が5月11日に新しくオープンしました。

その名も「饂飩じんごろう」さん。

では早速ご紹介。

 

 

 

「饂飩じんごろう」さんはマイルドな宮武系うどん店、今後の進化も楽しみ

FullSizeRender

旧「松岡」をご存知の方なら迷うことはないでしょうが、大きな看板がないんですよ。
このパイロットランプが3つついた看板のみ(これもしかして松岡さんからの使い回し? 僕の過去記事をチェック)。

僕も危うく通り過ぎそうになってしまいました。

FullSizeRender

しかも暖簾にも名前がない(笑)。
まだオープンしたばっかりで花輪があるからいいけど、花輪が無くなったらかなり怪しい系のうどん店になるかも。

FullSizeRender

お店の外観や基本的な配置は旧松岡さんとほぼ同じですが、机や椅子は無垢の木を使った新しいもので、雰囲気がいいです。

ちなみにセルフ方式のお店です。

FullSizeRender

今回も新規開拓店ですからセオリー通り注文したのはかけうどん(2玉)。
サイドメニューはとり天をチョイスしてみました。

FullSizeRender

宮武系のうどん店と聞いていたので、想像通り太さが均一ではないねじれ面がやってきました。

FullSizeRender

このゴツゴツ感。
「宮武の再来や〜」と思いきや、口に含むと結構優しめの口当たり。
あの宮武うどんのごっつさをマイルドにした感じの麺でした。

FullSizeRender

お出汁も昆布が効いているけど、宮武うどんのお出汁ほど昆布が前面に出た感じではない。

けれど、かなりしっかりした濃いめの味付けでした。

FullSizeRender

サイドメニューでチョイスしたとり天は、珍しい串刺しスタイル。

FullSizeRender

ゴロッとした結構大きなとり天で

FullSizeRender

して味がしっかりついているもも肉でした。

さて、特筆しておくべきはやっぱり麺かな。

太さが不揃いなため、細い麺は柔らかく、太い麺は固めなのですが、僕はこういうの大好きで、食感に幅があるのって結構面白いんですよ。

このタイプが好きな人はハマるお店だと思います。

今回は「あつあつ」を食べましたが、次回は冷たいのでこの麺を楽しみたいと思います。

ちょっと気になったのはメニューの少なさ。

うどんは

かけ(250円)、生じょうゆ(250円)、湯だめ(300円)、冷やし(300円)、ざる(300円)

の5種類。
ぶっかけ系と肉などの具材系のメニューがありません。

ついでに天ぷらのバリエーションは

ちくわ、れんこん、なす、かぼちゃ、牛肉コロッケ、ごぼう(ここまで100円)、とり天(120円)

となっています。

まだ、オープンして1週間ですからこれからメニューも増えていくと思いますし、出汁や麺も進化していくと思います。

これから長く通ってそういう進化の過程を楽しむのもいいかなぁと思います。

饂飩じんごろう お店情報

 

関連ランキング:うどん | 滝宮駅

定休日はしばらく営業してから検討するそうです。

駐車場は少ないです。

 

あわせて読みたいうどん記事

 

 

あわせて読みたいうどん記事

 

 

www.s-ichiryuu.com

 

 

www.s-ichiryuu.com

 

うどん巡礼のお供に

 

さぬきうどん全店制覇攻略本2019-20年版

さぬきうどん全店制覇攻略本2019-20年版

 



当ブログでの紹介記事:『さぬきうどん全店制覇攻略本2019-20年版』【うどんネタ】ゴールデンウィークは本書をガイドにうどん巡礼! 使い方のポイントも解説 – まいぷら

うどん手帖 (死ぬまでに一度は食べたい!!全国の名店50+α)

うどん手帖 (死ぬまでに一度は食べたい!!全国の名店50+α)

 

 

当ブログでの紹介記事:『うどん手帖 死ぬまでに一度は食べたい!! 全国の名店50+α』【うどんネタ】うどん県以外にも美味いうどんはあったんだ! – まいぷら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA