本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

僕がしつこくダメ出しを求めるのはあるブロガーの姿が目に焼き付いているから【雑記】ネガティブ意見にこそ耳を傾けよう

GREEN_HE20140125

おはようございます、一龍です。

先日、ブロガーズイベントを終えてすぐ、僕が周りに求めたのはダメ出しでした。
それにはこんな理由があったんです。

ダメ出しをしつこく求める

PAK86_jyoseibunnaguru20140321

先日、無事に「ブロガーズイベント IN 天狼院 FINAL」を終えたことは先日の記事で報告したばかりですが、お客様の反応も、「面白かった」「ためになった」とおおむね良好でした。

まぁ、ほとんどが顔見知りだし、みんな優しい人ばっかりですから。

しかし、私が本当に欲しかったのはダメ出しだったのです。
だって、そういったフィードバックがないと今後の課題が見えて来ないじゃないですか。

実際に当日の懇親会から、イベントに参加してくれた何人かに「ダメ出ししてよ!」と直接面と向かって、あるいはメールで求めました。

ダメ出しなんて、よほど親しい友人でもなかなかしづらいもの。
ましてや面と向かって、年上のオッサンに「あそこが悪い、ここがダメ」なんて言えないですよね。

それでも僕がしつこく聞くもんだから、何人かの方からは貴重なご意見をいただきました。
ほんと、面倒くさいやつで申し訳ありませんでした。
そして、ありがとうございました。

しかしこれには理由があるのです。

もちろん自分自身へのフィードバックのためというのはありますが、それ以外に、実はあるブロガーさんの強烈な影響があったののです。

あるブロガーさんのダメ出しを求める姿に感動

そのブロガーとは4コマ書評ブログ「女子勉」を運営していた勉子さん。
(現在は活動休止中)

その勉子さんが初めての著書

を出版されたときに、大阪で出版記念セミナーを開催した時のことです。

その時の様子は次の日の書店巡りの様子とともに旧ブログのこちらの記事に書いてあるのでお読みくださればと思います。

www.s-ichiryuu.com

この記事には書かなかった裏事情だったのですが、このセミナーの夜の懇親会席上での勉子さんの行動が凄く印象的で、目に焼き付いています。

実はこの前日、勉子さんは完全徹夜でセミナー準備をしたそうです。

それをセミナー前に聞いていた私や主催者は、お疲れだろうし(実際にちょっとしんどそうでした)早くホテルに返してあげようと、切りの良さそうなところで懇親会の席(2次会)から勉子さんを帰そうとしたんです。

勉子さん自身もそろそろ抜けさせてもらおうとして身支度をし始めました。

ところがそのタイミングで、とある関西在住の著者さんが、ダメ出し(好意的なアドバイスです)を始めたのです。

見ていた私は『間が悪いなぁ、早く帰してあげたいのに』とやきもきしたのですが、その後の勉子さんの行動が凄かった。

帰ろうとして荷物をまとめたカバンからさっと大きなノートを取り出して,一生懸命メモし始めたのです。

しかもイヤな顔一つせず。
約30分くらい続いたと思いますが、しっかり自分のセミナーの指摘された点をメモされていました。

私はその姿に感動したのです。
「ああ、こういう人がどんどん上へ上へ自分のステージを上げていける人なんだな」と。

以来、いい意味での貪欲さを持とうと心がけていますが、実際には難しいものです。

どんなに適切なアドバイスでも、指摘される内容によってはカチンときますよね。
人間ですから。

でも、耳に心地よい意見ばかり聞いていても自分の成長はありません。
耳が痛い”ダメ出し”にこそ、謙虚に素直に聞く耳を持つ、そういう人であり続けたいと思っています。

これからも、なにかイベントに出るたびに、「ダメ出ししてよ」攻撃をしますので、その時は面倒臭がらず意見してやってください。

よろしく!

追伸

勉子さんが出版された2冊の本

紹介記事

紹介記事

www.s-ichiryuu.com

2冊とも凄くいい本なんです。

特に、読書習慣がない方、これからビジネス書を読もうと思うけど何を読んだらいいか分からない方には1冊目を。

習慣を変えたい、人生を変えたいと思っている方には2冊目がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA