本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

テレビを止める方法とその効果【日々改善】そしてテレビの逆襲?

d64078eb.jpg

(やって来たテレビ。テレビ台も新調しました)

おはようございます、子どものころはテレビっ子だった一龍(@ichiryuu)です。

先日我が家に新しいテレビがやってきました。

ほとんどテレビを観ない生活をしているワタクシですが、新しいテレビが来たのを機に、なぜテレビを観なくなったのか、テレビを見る習慣をやめる方法、テレビを観ない生活の効果などなど、テレビに関して思うことをあれこれ書いておきたいと思います。

いつも応援ありがとうございます ( v^-゚)Thanks♪ ランキング参加中!
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ banner_21.gif 


【きっかけはお馬鹿タレント】

テレビをほとんど見なくなって、もう4年ぐらいになります。

そのきっかけは、島田紳助のクイズ番組でした。
おバカタレントがブームになったあの番組ですよ。

最初は珍回答連発に笑っていたけれど、そのうちに子供の「この人らアホやなぁ、こんなことも知らんの」という言葉にハッとしたのです。
これは、人の無知ぶりを笑いものにするという趣味の悪い番組だということを。

漫才師や落語家など、芸人の名人芸的に笑うのならまだしも、人のバカさ加減に笑っている自分が嫌になったのと、こんなものを流し続けるテレビ局ってなに?ということに気づいたのです。

すると、それまで観ていた他のテレビ番組も、なにやら空虚なものに感じはじめました。
そこで意識的にテレビのスイッチをつけない生活をスタートしまし。

【テレビは時間を大量に浪費するメディア】

自己啓発書や時間術のビジネス書には必ず、「時間がなければテレビを観る時間をカットしよう」という言葉がでてきます。

テレビは大量に時間を浪費するメディアです。

あるビジネス書に書いてありましたが、1日に2時間テレビを観ると、年間で1ヶ月分の時間に相当します。

2時間×365日÷24時間=30.4166・・・日

普通、フルタイムで働いている人にとって、1日で本当に自由になる時間はおそらく2時間ぐらいでしょう。

その貴重な時間を、ちょっとだけのつもりでスイッチを入れるとあっという間に消費してしまいます。

なんともったいないことか。
この時間を生産活動やもっと大切なことに使えば人生はどんどん質が向上すると思いませんか?

我々はテレビを観るために生まれてきたのではないのですから。

【テレビを止める方法】

とはいえ、多くの人が「分かっちゃいるけど止められない」のがテレビの魔性性でしょう。

そこで、ワタクシの経験からテレビを止める効果的な方法をいくつかご紹介します。

★コンセントを抜く
テレビを観るためのアクションをできるだけ増やすということです。

リモコンのスイッチ一つ押すだけで映る状態を止め、「コンセントをさして」というワンアクション増やすだけで、テレビを観るアクションのブレーキとなります。

これ意外と効果大です。
ちなみに我が家ではスイッチ付きの延長コードを使っていましたが、この延長コードをテレビの裏側の手の届きにくいところに押し込んでいました。

★リモコンを捨てる
我が家の場合、正確にはリモコンが壊れたので使えなくなったということですが、このリモコンが使えない状態というのは本当にテレビを観るのが億劫になります。

チャンネルにしろボリュームにしろ、いちいちテレビ本体までいかなければならない面倒臭さは、テレビを見たい気持ちを抑制するのに一番効果的です。

リモコンをどこか手の届かないところにしまってしまうのはいかがでしょう。

★テレビを捨てる
我が家には3台のテレビがありました。
リビングに大きいのが1台と寝室に小型のものが1台。
それになんとワタクシの書斎の机の上に10インチの小さなテレビデオ。

要するにリビングで観ていた番組の続きを寝室で布団に入ってからも見ることができる状態でした。

また、書斎でもテレビをつけたまま仕事ができる状態でした。

これではテレビ漬けになってしまうので、リビングのテレビだけを残し、あとの2台は捨ててしまいました。

もし家に複数テレビがあるのなら、テレビの数自体を減らすのも効果的だと思います。

【テレビを観ないことの効果】

さて、現在ワタクシがテレビを観る時間は週に2時間程度だと思います。

それもガチで観ているのではなく、朝の支度時のペースメーカー替わりにつけている「目覚ましテレビ」、それと子どもが観ている番組をちらっと観ているぐらい。

そうすると、「ニュースも観ないの?情報不足では?」とか、「人と話しが合わないんじゃない?」とかよく言われます。

ですが、ニュースはネットと新聞で十分です(最近は新聞の必要性も感じなくなっていますが)。
だいたいネガティブなネタばかり流しているニュースをなぜ観る必要があるのか?

それから、「倍返し」も「じぇじぇ」も知りませんが、特に困ることはありません。

テレビを観なくなって分かったのですが、観なくても特に困ることはまったくありません。

それよりは観ないことで得た効果の方が数倍大きい感じがします。

★静かな時間が増えた
テレビを見ない時間はなにをしているかというと、ワタクシの場合は読書かブログを書いています。

あるいは静かに手帳を見返しながら”考える”時間になっています。

べつに大金持ちになったわけでも、大成功しているわけでもありませんが、生活の質は向上していると思います。

情報をある程度シャットアウトしたことで、気が散るものがなくなった感じです。
本当に自分がしたいことに集中できる環境となっています。

★子どもが本を読むようになった
「テレビをつけない宣言」をした当初、困惑したのは子どもたちでした。

「なにをしたらいいの?」と本当に時間を持て余して尋ねてきたこともありました。

でも、放置プレイ。
ほったらかしにしておきました。

すると自然と本を読みはじめたのです。
学校で児童書を借りてきたり、ワタクシの書棚から勝手にビジネス書を持ち出したり。

時には家族でUNOとかボードゲームをしたり。

子どもと話す時間も増えたように思います。

【新しいテレビがやってきた】
さて、ここまでテレビを見ない習慣を身につける方法や、その効果を書いてきたのですが、先日新しいテレビを買ってしまったと言うなんとも矛盾したお話を最後に。

実は、使っていたブラウン管テレビが壊れたら、もうテレビはいらないと思っていたのです。

ただ、子どもたちが観たい番組があったり、ドラマとお笑い好きの妻からの”テレビは必要”という強い要望もあり、

「じゃぁAppleがテレビを出したら買ってもいいよ」

と言っていたのですが、いっこうに出る気配がなく・・・。

そしてついにテレビ本体のチャンネルとボリュームのスイッチが壊れ、レコーダーの調子も悪く、消費税が上がる前にということで、ワタクシが折れることになりました。

832b728b.jpg

(引き取られていったテレビ。妻の嫁入り道具でした。いままでありがとう。)

で、購入したのがこちら。

SHARP AQUOS スタイリッシュ液晶テレビ 40型 ホワイト系 LC-40J9W SHARP AQUOS スタイリッシュ液晶テレビ 40型 ホワイト系 LC-40J9W
(2013/02/26)
シャープ

商品詳細を見る

SHARP AQUOSブルーレイ ダブルチューナー 1TB BD-W1300 SHARP AQUOSブルーレイ ダブルチューナー 1TB BD-W1300
(2013/05/29)
シャープ

商品詳細を見る

合わせて10万円以上の出費で、「なんで観ないものにお金使わないかんのや。ああ、このお金でMacBook Air買った方がよっぽど生産的やん」と思いつつ、やりきれぬ思いでしたが・・・

買ってしまうと観てしまう。

ヤバいです。
せっかく身についたテレビを観ない習慣が一気に崩れ去りました。

仕事から帰ってきて、ちょこっと観ようかなとリモコンのスイッチを押している自分に気がついたのです。

以前のものと比べて画面が大きくなったし、ブルーレイも観れるようになったので、映画はレンタルして観ようかなと思っていますが、ちょっとまずい流れです。

また新たなテレビとの付き合い方を考えなくては。

【RSS登録のご案内】
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。
もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。→このブログを登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA