本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

【文具】LAMYにインク注入してみた!の巻

IMG_1869_convert_20121015203215.jpg

こんんばんは、このブログ書いたら新月のお願いを手帳に書く一龍(@ichiryuu)です。

さて今夜は、LAMY Safariにインク補充をしてみたお話。
なんとワタクシ人生初体験でございました。

 

【文具】LAMYにインク注入してみた!の巻

 

 今年の夏、上京したおりに、ブログ ぷぅコッコの一期一会 の管理人、ぷぅコッコさんからラミーサファリをプレゼントしていただきました。

これまで、文具好きではありながらその値段と奥深さから「万年筆だけは手を出すまい」と”底なし沼”にはまらないように、きつく自分を戒めていたワタクシでしたが、プレゼントされたことであっさり解禁。

以来、毎日職場でもプライベートでも肌身離さず持ち歩き、使い倒しております。

で、インク切れに。

ここで問題となったのが、なんとワタクシ、万年筆のインク補充をしたことがないということ。

インクカートリッジ式のものは交換したことがありますが、いただいたサファリはコンバーター装着。

ぷぅコッコさんにサファリをいただくとき、「コンバーターが入っています」と言われたのですが、その時はコンバーターが何なのかも知らず、ただサファリをいただいたので嬉しくて舞い上がっておりました。

で、インク残量が少なくなってきたとき、てっきりカートリッジを交換したらいいんだろうと思っていたワタクシは、サファリのインク交換方法をググってみてビックリ。

「これインクカートリッジ式とは違うやん!」

でも、心配無用でした。
コンバーターでのインク補充をネットで調べたらいたって簡単。

ということで、インク補充方法を簡単にご紹介。

まず、購入したのがラミー純正のインクボトル。
色はブルーブラックです。

IMG_1870_convert_20121015203320.jpg

開封の儀

IMG_1871_convert_20121015203356.jpg

うち蓋に注意書きがありますが、英語なのでスルー。

IMG_1872_convert_20121015203448.jpg

ボトルはこんな感じです。

面白いのは、下の部分にインクを拭き取る紙が付いている。
親切設計!

IMG_1873_convert_20121015203527.jpg

サファリのお尻の部分を取り外します。
先が赤い”禁煙パイポ”みたいなのがコンバーターです。

IMG_1874_convert_20121015203608.jpg

これ、ようするに注射器のような構造になっていて、赤い部分をくるくる回すと、中のピストンの部分が上がって行きます。(ピンボケ失礼)

IMG_1875_convert_20121015203706.jpg

いっぱいまでピストンを上げといて、ペン先をインクにジャボんとつけます。

IMG_1876_convert_20121015210933.jpg

そして今度は赤い部分を逆回転させればインクを吸い取ってくれます。
水鉄砲で水を吸い込む時の要領ですね。

あとは付属の紙でペン先を拭いて、サファリのお尻の部分を装着すれば作業完了。

試し書きするとこんな感じ。

IMG_1878_convert_20121015203849.jpg

どうです、簡単でしょ。

最後にちょっとだけインクのお話をしておきます。

ぷぅコッコさんに言われていたのですが、ラミーの純正のブルーブラックは置いている店が少ないとのこと。

先日ブログに書いたように、文房具後進地帯のうどん県で、気に入った色のインクを心ゆくまで探すなんてことができるはずもなく、ましてや純正のブルーブラックを置いている店がそうそうあるとも思えなかったワタクシは、Amazonで購入しました。

そう、田舎の文具好きにとってAmazonは救世主なのです。
送料無料で定価より安い(1155円がなんと736円)。

LAMY インクボトル ブルーブラック 50ml LT52BLBK LAMY インクボトル ブルーブラック 50ml LT52BLBK
()
LAMY

商品詳細を見る

なんていい時代になったんだ。
ほんと、Amazon様様です!

ちなみにラミーの純正インクボトルは、他に黒とブルーがあるそうです。

LAMY インクボトル ブルーブラック 50ml LT52BLBK LAMY インクボトル ブルーブラック 50ml LT52BLBK
()
LAMY

商品詳細を見る

LAMY インクボトル ブルー 50ml LT52BL LAMY インクボトル ブルー 50ml LT52BL
()
LAMY

商品詳細を見る

本当は文房具屋さんで、あれこれインクを試し書きして好きな色のインクを見つけたいところですが、純正のインクすら入手がままならない、ワタクシのような田舎在住の文具好きはAmazonで安く確実に購入できるのはありがたいですね。

2 COMMENTS

讃州屋 一龍

シラトーリ先生、そこですか!
しまった、爪を切ってから撮影するか迷ったんですが・・・

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA