手帳のお引越し【手帳&ノート】2019年の僕の手帳の陣容とノートはこれ

IMG_3102

こんにちは、一龍(@ichiryuu)です。

今日は12月30日、2018年もあと1日とちょっとになりました。
大掃除も終わり、買い出しもしめ縄と鏡餅のセッティングも完了して新年を迎えるための家事が一息ついたこのタイミングで手帳の引っ越しをしております。

ということで、ついでといってはなんですが、2019年の僕の手帳の陣容とノートについて紹介しておこうかなと思います。

プライベートは逆算手帳とほぼ日手帳カズン

IMG_3103

▲一番左から逆算手帳(2019)、ほぼ日手帳カズン(2018)、ほぼ日手帳(2019)です。

すでに逆算手帳は10月から使っていて、システミックでほぼ日手帳と2冊一緒にして持ち運んでいます。

関連記事:逆算手帳 GYAKUSAN planner 2019【手帳レビュー】手帳自体の熟成と手帳を取り巻く環境が整い総合的にパワーアップ!

関連記事:ほぼ日手帳カズン2019【手帳レビュー】しっかりスケジューリング、たくさん書き、ログを残したい人にこれ以上の手帳なし!

関連記事:【文房具&手帳術】2019年はシステミックで「逆算手帳」と「ほぼ日手帳カズン」の2冊持ちでいきます!

IMG_3104

▲今回手帳の引っ越しをするのはほぼ日手帳カズン。
システミックに入れ替えてセットします。

IMG_3105

▲なぜ今日(12月30日)に引っ越すかというと、ウィークリーが明日(31日)スタートだから。

IMG_3106

▲ほぼ日手帳はマンスリーページだけは次年の3月まで記入できるんですよ。
なので、3月までは2018年版でいっぱいいっぱい記入していたわけで、この部分はもうすでに2019年版にも記入を終えています。

で、気がついたのですが、3月いっぱいで現職を退職するので、4月以降まったく予定がない。
なんか手帳に予定を書き写してて、退職するのを実感した次第。

3ヶ月だけだけど仕事用に陰山手帳

IMG_3107

▲仕事用に陰山手帳を使っていますが、こちらも引っ越し。
コンプライアンス的な理由から、プライベートの手帳と仕事用の手帳を分けてきましたが、4月以降はプライベートと仕事の境界がなくなるが一体になるので、3ヶ月だけ仕事用の手帳を使うのはどうかな、もったいないかなと思っていました。

が、やっばり使うことに。

退職まで漏れなく、抜けなく、同僚に迷惑をかけないようにしたいのでね。

関連記事:「陰山手帳2019」【手帳レビュー】複数プロジェクトを抱えるビジネスパーソンに超オススメ!

IMG_3108

▲で、なぜ仕事用には陰山手帳を使っているかというと、1番目の理由はこのウィークリーページ。

僕の仕事だと、この右側のノートの面積がすごく使い勝手がいいんです。
あと左ページの下のToDoリストも。

IMG_3109

▲そして、もう一つの理由がこのガントチャートページ。

僕が責任者のイベントがあと2つありまして、それをしっかり計画して進めていくのにこのページがどうしても必要なんですよね。

あと3ヶ月だけですが、しっかり使っていきますよ。

ノートはモレスキンEvernote(ラージ 方眼罫)

IMG_3110

▲ノートはモレスキンEvernoteのラージサイズ(方眼罫)です。
Evernoteとの連携ができるタイプですが、僕はあんまりEvernote使わないんですよね。
表紙のデザインが可愛くて使っています。

正直、ほぼ日手帳も陰山手帳も記入スペースが大量にあるので、最近はモレスキンの出番が少なくなっていました。

ですが、4月からは新しいことにチャレンジしていくので、絶対ノートの出番が増すはず。
それに、やっぱりモレスキンが好きなんですよね。
2019年はモレスキンもガンガン使っていきます。

以上、僕の2019年の手帳の陣容とノートでした。
来年も手帳とノートの使い方をいろいろ試していきます。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA