本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

【讃岐うどん日記】「3日連続高松市周辺人気店、はりや、ぼっこ屋、さぬき麺市場で食す」の報告。

【讃岐うどん日記】「3日連続高松市周辺人気店、はりや、ぼっこ屋、さぬき麺市場で食す」の報告。

(今も四国の玄関の雰囲気を残す高松)

讃岐うどん日記、第22回目。
先日、たまたまお昼時に高松市で所用がある日が3日続いた。
これはチャンスと高松市郊外の人気店3件に日替わりで行ってきたので、今日はその報告を。

 

 

【讃岐うどん日記】「3日連続高松市周辺人気店、はりや、ぼっこ屋、さぬき麺市場で食す」の報告。

1日目・1件目、はりや

まず1日目、1件目はS級有名店のはりや。

県道33号線から免許センター方向にちょっと入ったところにある。

6f2c85b3.jpg

目印は駐車場のこの看板のみ。

以前高松で勤務していた時に何度か挑戦したが、いつも諦めて撤退した苦い思い出の店だ。

42dcd3a5.jpg

というのも、この店、お昼時はいつも長蛇の列なのだ。
並んでいると絶対昼休みをオーバーしてしまうので、これまで食べることができなかった。

今回は13時過ぎという絶妙な時間なので行列なし!

11c32bb0.jpg

目立った看板もなく、一見何屋さんかもわからない。
店内はカウンターのみのつくり。

3c2bbfce.jpg

この店の名物と言えば「かしわざる」。
今回は初めてなので、看板メニューを素直に注文。

ただ、分量を間違った。

大盛りを頼んでしまったのだ。
「おまちどうさま」の声とともに現れたうどんを見て絶句。
「これヤバい。食べきれん」

この店の2玉は、他店の3.5玉ぐらいあるんじゃないか?

49f3a04a.jpg

とはいえ絶品麺なので、ズボンのベルトをゆるめつつなんとか完食。

確かにS級だけのことはある。
かなり個性的な麺だ。

細麺で伸びのある麺はあるが、ここは中太麺で伸びのある麺だ。
しかも腰が強い。

また、かしわの天ぷらも絶品。
ころもがパリパリで肉はほくほく。
しかもボリュームがある。

特筆すべきは店長はじめ店員さんの気配りのすごさ。
絶妙のタイミングでつけ出汁の2杯目を出してくれて、サービスの高さを実感。
こんな体験はうどん屋で初めてだ。

美味さとサービスに満足満足。
麺とかしわがあまりにボリュームがあるので、しばらく駐車場で休んでから帰ったのであった。

関連ランキング:うどん | 香西駅昭和町駅

2日目・2件目、ぼっこ屋(西山崎店)

2日目は国道32号線沿いにあるぼっこ屋。

6cf4fc43.jpg

知り合いのうどん通が「高松に行くならぼっこ屋に行ってみな」とのご推薦だったので立ち寄ってみた。

外見はよくある大衆セルフタイプのうどん店。

典型的な地元民がお昼をささっと食べに行くタイプのお店だ。
正直言うとこういうタイプの店が一番落ち着く。

7f4885e8.jpg

注文したのはぶっかけ大とチーズカツ。

1604b050.jpg

これが意外とというか、予想に反して美味い!

高松周辺はわりと甘めのぶっかけ出汁が多い印象なのだが、ここは酸味が効いたしっかりした出汁。
しかも腰が強い。

64e42523.jpg

それにこのエッジ!
なんとも喉越しの刺激がたまらない。

あと、発見だったのはチーズカツ。
さかなのフライにチーズが入っているのだが、チーズはうどんに合うのだ。

ちょっとイタリアンな感じ(笑)。

それともう1つ。
この店、めちゃくちゃ安い!

ぶっかけ大が230円とは。
どのうどんも他店より100円安い感じだ。

うどん県民胃袋の強い味方的存在だな。
お得感、大!

関連ランキング:うどん | 仏生山駅

3日目・3件目、さぬき麺市場(高松郷東店)

さて、最後は以前、麺通団の田尾団長がほめていたので気になっていたさぬき麺市場。

よく昼時に店の前を通るので寄ろうかと思うのだが、昼時はいつも駐車場が一杯で入れない人気店。
今回は2時頃だったのでようやく入ることができた(といってもほぼ満席)。

店内は最近流行のオープンキッチンタイプ。
麺を打つところや天ぷらを揚げているところを見ることができる。(なにやら◯亀製麺に似ている)

b7763a6d.jpg

選んだのはぶっかけ中とびっくりとり天。

041beecf.jpg

かつお節を乗せてくれるのはこだわり麺や意外初めてだ。

78dd8ec8.jpg

びっくりとり天は、「ビックリするボリューム」の意味らしい。
正直言って、びっくりはしなかったが、揚げたてでサクサクしていて大衆セルフ店によくある冷えた天ぷらとはまったくレベルが違う美味さ。

この店は天ぷらがひとつのウリの様で、うどん屋だけど天丼もあり、実際天丼を食べているお客さんもたくさんいた。
次は天丼を食してみるか。

そして肝心の麺。

4b2a80a6.jpg

モチモチ系だが噛んだ奥の方で粘り腰といった感じの食感。
やや軽めの出汁と合っていて、ツルツルッと完食してしまった。

関連ランキング:うどん | 香西駅

さて、今回、3日連続高松市周辺の人気店を巡礼したわけだが、やはり人気店には訳があると実感。

最初のはりやさんはすでにS級うどん店として全国的に有名なお店。
1度食べる価値はある。

しかし、うどん県はそれだけじゃない。
他県からうどん巡礼に来られる方はぜひ、S級を経験する一方でうどん県民が普段食べに行く大衆セルフ店も経験してほしい。

安くて美味い店もたくさんある。
店の数だけうどんの味がある。

うどん県はひとつのテーマパークなのだ。
ジェットコースターもあればメリーゴーラウンドある。

あれこれ楽しんで、肌でうどん文化を感じてほしい。

あわせて読みたいうどん記事

 

 

www.s-ichiryuu.com

 

 

www.s-ichiryuu.com

 

うどん巡礼のお供に

 

さぬきうどん全店制覇攻略本2019-20年版

さぬきうどん全店制覇攻略本2019-20年版

 



当ブログでの紹介記事:『さぬきうどん全店制覇攻略本2019-20年版』【うどんネタ】ゴールデンウィークは本書をガイドにうどん巡礼! 使い方のポイントも解説 – まいぷら

うどん手帖 (死ぬまでに一度は食べたい!!全国の名店50+α)

うどん手帖 (死ぬまでに一度は食べたい!!全国の名店50+α)

 

 

当ブログでの紹介記事:『うどん手帖 死ぬまでに一度は食べたい!! 全国の名店50+α』【うどんネタ】うどん県以外にも美味いうどんはあったんだ! – まいぷら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA