本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

AmazonプライムデーはAmazonデバイス(Echo、Fireタブレット、Fire TV Stick、Kindle)狙いが正解!セール価格でゲットするチャンスです

AmazonプライムデーはAmazonデバイス(Echo、Fireタブレット、Fire TV Stick、Kindle)狙いが正解!セール価格でゲットするチャンスです

今年も年に一度のAmazon最大のセール、Amazonプライムデーがやってきます。

期間は、2019年7月15日(月)0:00〜16日(火)23:59までの48時間。

セール対象品があまりにも多くて、何を狙ったらいいかわからないぐらいですが、一つ確かなことがあります。

それは、Amazonプライムデーで一番オトクに購入できるのはAmazonデバイスで間違いないといこうとです。

ということでこの記事では、プライムデーで狙うべきAmazonデバイスを紹介していきます。

プライムデーの事前準備やお得な買い物方法についてはこちらの記事をどうぞ

AmazonプライムデーはAmazonデバイス(Echo、Fireタブレット、Fire TV Stick、Kindle)狙いが正解!セール価格でゲットするチャンスです

スクリーンショット 2019-07-09 8.37.17

プライムデーに限らず、過去のAmazonのセールを振り返ったとき、毎回大きな割引率でセール対象となっているのがAmazonデバイスです。

Amazonのデバイスの主なものは次の4つ。

スマートスピーカの「Echo」「Fire タブレット」、プライムビデオをテレビで見れる「Fire TV Stick」、電子書籍リーダーの「Kindle端末」

Amazonデバイスの特徴は、機種によっては高価なものもありますが、総じて高性能な割には非常に安価ということろ。

その理由はこれらのデバイスがAmazonの企業戦略を担う端末だから。
端末は安く配って、それを使って買い物をしてもらうことで顧客を囲い込み、なおかつ利益を上げていくことで元を取る作戦なんですね。

ケータイ電話黎明期に端末を0円で配ったの同じです。

しかもそのAmazonの戦略を牽引するのはプライム会員なので、プライム会員限定セールのプライムデーにAmazonデバイスが特価で提供されるのは当然なのです。

プライム会員の特典やサービスについてはこちらの記事をどうぞ

ということで、コストパフォーマン抜群なAmazonデバイスを狙う絶好のチャンスなのがプライムデー。

それでは、数あるAmazonデバイスの中で、どれが特に狙い目なのか解説していきます。

狙い目Amazonデバイスはこれ!

Amazonデバイスの主な4つを、「Echo」、「Fire タブレット」、「Fire TV Stick」、「Kindle端末」の純で解説していきます。

この順番はAmazonの戦略で重要と思われる順番です。

そして、重要なものほど割引率が高いのではないかと推測しいます。

Amazon Echo は「echo show 5」が狙い目

61mwwmlv83L._SL1000_

スマートスピーカである「Echo」シリーズは、Amazonの戦略にとって非常に重要なデバイスです。

Amazonのスマートスピーカに対する立ち位置が根本的に他のメーカーと違っているのは、この端末が自社で買い物をしてもらう端末になるという点です。

なので、Amazonにとって今一番普及させたい端末。

過去のセールでも割引率(40%前後)で販売していますし、今回のプライムデーでも大幅な割引が期待できます。

数ある「Echo」シリーズの中で目玉となるのは間違いなくこちらでしょう。

新登場 Echo Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、チャコール

シリーズ中最新機種で、モニターが付いているタイプ。

やっぱりモニターがついている方が使いやすいし、画面で確認できるので音声ショッピングもしやすいですよね。

価格は9,980円ですが、40%前後割引で5,000円台後半から6,000円台前半ぐらいのセール価格になるんじゃないかと予想しています。

 ✓Echo Show 5 通常価格9,890円 ⇒ セール価格???円(??%OFF)

Fire タブレットは全機種狙い目、あえて言えば7インチモデル

51aQGtXV0LL._SL1000_

Fireタブレットは「Fire 7」「Fire HD 8」「Fire HD 10」の3機種ありますが、おそらく3機種とも40%ぐらいの割引になると思われます。

このFireタブレットシリーズ、言葉は悪いのですが、ハッキリ言ってアマゾンさん頭おかしいんじゃないかと思うほど安いです。

もちろんiPadとかと比べるとそれほど高性能ではありませんし、できることも限られますが、価格のやすさが性能を気にさせません。

おそらくAmazonとしては自社のサービスである「プライムビデオ」が見れて、「キンドル本」が読めればOKということなんでしょう。
もちろんネットに繋いで、Amazonでお買い物もできるわけで、こういった理由からやっぱり「Fire」タブレットシリーズもAmazonの戦略デバイスなんですね。

さて、3種類のうちどれを選ぶかは、サイズで決めればいいと思いますが、あえていえば最新機種の「Fire 7」でしょうか。
Alexa搭載なのです。

あと、プライム・ビデオをダウンロードして見る人やKindleで漫画や写真の多い雑誌を読む人はストレージの多い方を選択するのがいいでしょう。

Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 16GB – Newモデル

シリーズで一番小さく一番安い7インチモデル。
5980円からという信じられない安さですが、セール時には4000円を切ると思われます。
現在3機種の中では一番新しいモデル。

 ✓Fire 7 タブレット 通常価格5,980円 ⇒ セール価格???円(??%OFF)

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 16GB

サイズ的には一番いいですね。
この機種だけAlexaを搭載していません。
8,980円の価格はおそらく5,000円ぐらいになるのではと思います。

 ✓Fire HD 8 タブレット 通常価格8,980円 ⇒ セール価格???円(??%OFF)

Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 32GB – Alexa搭載

おもにAmazonプライムビデオを楽しむという方にいいと思います。
さすがに10インチになると筐体も大きくなるし、価格も15,980円からと少々お高くなります(といってもやっぱり異常な安さ)。
セール価格は10,000円前後になると思われます。

 ✓Fire HD 10 タブレット 通常価格15,980円 ⇒ セール価格???円(??%OFF)

Fire TV Stick は4Kモデルを!

61C-UufGe7L._SL1000_

「Fire TV Stic」はプライムビデオだけでなく、YouTubeやNetflixなどの他社の動画配信を自宅のテレビで再生するためのデバイス。
映像だけでなく、プライムMusicといった音楽配信にも対応しています。

「Fire TV Stic」シリーズには2機種りますが、僕は断然上位機種の「Fire TV Stick 4K」をおすすめします。

スクリーンショット 2019-07-09 10.56.00

というのも、下位モデルの「Fire TV Stick」は最大1080p。

接続するテレビが大画面で高精細であればあるほど画質の粗さが目立ちます。

このデバイスに興味のある方はおそらく映画好きな方が多いはず。
たぶん自宅のテレビも4K対応ではないですか?

高精細な画質で映画を楽しみたいなら「4K」モデルを選ぶことをおすすめします。

6,980円の価格は30%OFFで約5000円ぐらいになるのでは予想します。

Fire TV Stick 4K – Alexa対応音声認識リモコン付属

 ✓Fire TV Stick 4K 通常価格6,980円 ⇒ セール価格???円(??%OFF)

Kindle端末は割引率が低いかも

61THc4TMpSL._SL1000_

Amazonデバイスの4つカテゴリー中、割引率が一番期待できないのがKindle端末です。

過去にはKindle本を普及させるためでしょう、驚くような割引価格でセールに何度も登場しました。

しかし、その”普及”の時期が終わったのでしょうか、このところ目を引くようなセール特価になることがありません。

また、端末自体も成熟してきて、安さよりも読書体験の質の向上に力を入れてきているように思われますし、その結果端末の価格も上昇しています。

ちょっとAmazonの企業戦略から一人置いてけぼりになっているような感じを受けますね。

おそらく割引率は25%前後ではないでしょうか。

容量や広告のあるなしで価格が異なるので注意してください。
できればどの機種も広告のないモデルをおすすめします。

スクリーンショット 2019-07-09 11.21.35

Kindle (Newモデル) フロントライト搭載 Wi-Fi 4GB ブラック 広告つき 電子書籍リーダー

Kindleシリーズの中で一番下位機種。
あなたがKindle自体初めてというなら、この機種をおすすめします。

バックライトがついたので暗いところでも読めるようになりました。
画面解像度が低いものの、テキスト中心の本を読むなら問題ありません。

価格は8,980円が6,500円前後になるのではと予想しています。

 ✓Kindle  通常価格8,980円 ⇒ セール価格???円(??%OFF)

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 8GB 広告つき 電子書籍リーダー

Kindleシリーズのスタンダード機。
コストパフォーマンの一番バランスの取れた機種で僕のイチオシです。
防水機能もついているので、お風呂で読書も可能です。

価格は13,980円が10,000円ぐらいになるのではと予想しています。

 ✓Kindle Paperwhite  通常価格13,980円 ⇒ セール価格???円(??%OFF)

Kindle Oasis (Newモデル) 色調調節ライト搭載 Wi-Fi 8GB 広告つき 電子書籍リーダー

Kindleシリーズ中最上位機種。
実はこの機種は7月24日発売で現在予約中です。

現在すでに20%OFFのクーポンを発行していますので、プライムデー中さらに割引になるのかわかりません。
29,980円からという電子書籍リーダーとしては破格の高価価格ですから、キンドル本のヘビー読者にだけおすすめします。

 ✓Kindle Oasis 通常価格29,980円 ⇒ セール価格???円(??%OFF)

AmazonプライムデーはAmazonデバイス(Echo、Fireタブレット、Fire TV Stick、Kindle)狙いが正解!セール価格でゲットするチャンスです:まとめ

以上、Amazonプライムデーで狙うべきAmazonデバイスを紹介してきました。

割引率はあくまでも僕の予想ですのでご了承ください。

ただ、過去のセールでの割引率を参考にしているので、大きく外れることはないと思っています。

というのは、プライムデーでセール対象となる商品の割引率は、過去のセールでの割引率の最大値であることが多いと言われているからです。

また、Amazonのデバイスは企業戦略上、その性能に見合った価格よりも遥かに安く売られていることは確か。

それが更に安くなるプライムデーはAmazonデバイスを購入する絶好のチャンスであることは間違いありません。

実際の割引価格は公式発表を待たなければなりませんが、もし購入を検討しいるならこのチャンスに是非。

なお、プライムデーにはお得に買い物するための事前準備が欠かせません。

そのあたりの解説はこちらの記事でしていますので、参考にしてください。

プライムデー関連の他のおすすめセール紹介記事はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA