本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

Macの標準アプリで画像のサイズを変更する方法

紫雲出山

YouTubeのサムネイルを作成するときに、推奨サイズの1280×720にサイズダウンするのですが、Macの標準アプリを使って静止画像の解像度やサイズを変更する方法を紹介します。

自分のための備忘録ですが、多分一番簡単な方法なので知っておいて損はないと思います。

 

Macの標準アプリで画像のサイズを変更する方法

スクリーンショット_2019-04-30_16_42_21
▲サイズを変更する画像を「プレビュー」で開きます。
右上の鉛筆の先のようなマークを「マークアップツールバーを表示」ボタンをクリック。
マークアップツールバーを表示します。

スクリーンショット_2019-04-30_16_42_46

▲マークアップツールバーの「サイズを調整」ボタンをクリック

スクリーンショット 2019-04-30 16.43.09

▲設定画面が出ます。

スクリーンショット_2019-04-30_16_44_16

▲「幅」「高さ」「解像度」など任意に変更できますが、「幅」の数値を入力するだけで自動的に高さも変更されます。

スクリーンショット_2019-04-30_16_44_45

▲調整後のサイズも表示されます。
これで「OK」をクリックすると

スクリーンショット 2019-04-30 16.45.04

▲サイズが変更されて表示されます。

あわせてこちらの記事もどうぞ

 

www.s-ichiryuu.com

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA