本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

iPhone6s Plusをしっかりガード、グリップ感も向上する超オススメiPhoneケースのご紹介

 
昨夜、iPhone6s Plus用のケースが届きました。

またまた、iFaceです!

 

 

iPhone6s PlusのケースをまずはiFaceにしたその理由

新しいiPhoneを購入すると楽しみなのがケース選びですよね。

iPhone6s Plusの購入あたって、今回は何種類かケースを購入しようと考えています。
手帳のようなサイズですし、広い画面をむき出しで持ち運ぶのも怖いので、手帳タイプのような蓋のあるものはいずれ購入すると思います。

が、とりあえず使いはじめるにあたってこのケースだけは購入すると決めていたものがあります。

それがiFaceです。

こちらは最初に購入した時の紹介記事。

 

www.s-ichiryuu.com

 

iPhone5を購入したときに使い始めたのですが、僕はこのケースに絶大な信頼をよせているのです。

というのも、約2年半使ってきましたが、この間しっかりiPhone5を守ってくれたからです。

ぐるりを取り囲むダンパーのような作り。

さすがに印刷されていたマークは消えましたが、ポリカーボネート素材の背面はまだまだキレイ。

そしてお伝えしたいのはこの写真。

2年半使ったiPhone5ですが、本当に傷一つありません。

何度となく胸ポケットから落としたのですが、ウレタン素材の弾力のあるダンパーのおかげでまったく大丈夫でした。

iPhone6s Plus用 iFaceのインプレッション

さてここからは今回購入したiFaceのインプレッションです。

パッケージにはiPhone6 Plusと書いてありますが、6Plusと6s Plusはデザインが変更されていませんので同じケースが使えます。

箱の裏面はこんな感じ。
窓があって金色のロゴシールが見えます。
確か、電磁波をシャットアウトするシールと以前は言っていたと思いましたが、今回の箱には何も書いていません。

ここで一つ知っておいてほしいことが。
Amazonレビューを見ていると、どうも偽物が出回っているようです。

梱包されている保証書にシリアルナンバーが書かれていて、記載されているサイトで入力すると正規品かどうか分かるようになっています。

Amazonで購入する際の注意点ですが、このケースの日本の正規代理店はHamee(ハミィ)という会社ですので、Hameeストラップヤが出品しているものを購入するのが安全策だと思います。

そして、Amazonで正規の値段よりかなり安く出品されているものは偽物の可能性が高いので購入しないことをオススメします。

さてインプレッションにもどります。

ケースの中は全体がウレタン素材のクッションとなっています。

蜂の巣状の構造でケース自体の剛性も高そう。

これは中央にはられているシール。
電磁波をシャットアウトする機能は多分ないかと。

背面です。

ポリカーボネート製の背面は剛性があり、同時につるつるしているものの滑りにくい素材です。
使っているうちに細かい傷が入りますが、素材の性質か、目立たないのもいいです。

iPhoneに装着。

ただでさえデカイiPhone6s Plusが一回り大きくなります。

しかし、曲がったとか割れたとか、なにかとトラブルばかり伝えられた感のあるPlusですから、これだけしっかりガードしてくれるケースは頼もしい。

カメラ周りはこんな感じ。

このケースのおかげて、レンズの出っ張りも気になりません。

このケースのもう一つのウリが、くびれたボディによるグリップ感の向上。

ちょっとくびれが少ないような気がしますが、裸のiPhone6s Plusに比べるとホールド感は抜群。

滑って落とすなんてことはなさそうです。

問題は重さで、ケースを装着した総重量は267グラム。

iPhone5は156グラムだったので余計に重く感じます。

まぁ、大きくなったぶん仕方ないですね。

最後にビフォーアフター的な写真を。

まるで親子のよう。


 
さぁ、ケースも装着したし、いよいよ本格的にiPhone6sPlusの活動開始です。

今回ご紹介したケースはこちら。



カラーバリエーションも色々あります。

51uVIoHd6qL

また、キャラクターものもたくさん出ています。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA