本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

私がソフトバンクから格安SIMに移行した手順と注意点を記録しておきます

先日iPhone6sPlusの購入を機に、長年使ってきたソフトバンクからIIJmioのみおふぉんへ移行しました。

これから格安SIMへの移行を検討している方のためにその手順と注意点を記録しておきます。

参考にしていただければ幸いです。

 

 

事前準備から移行・開通まで

 

(1)まずは現状把握、家族全員分の通信量(料)を確認

私は98年に仕事の関係上携帯を持たざるをえない状況になって、当時契約料の安かったデジタルツーカーを使うようになりました。

その後このキャリアはJフォンとなり、Vodafoneとなって、ソフトバンクへと変わりました。
その間、結婚や子供ができたりと家族が増えていき、昨年春からは当然のように家族4人全員ソフトバンクのiPhoneを持つ状態になりました。

しかしこうなると、いくら家族割とか特典があったとしても通信料が馬鹿になりません。
毎月3万円は確実に超えます。

そこで格安SIMを検討し始めたわけですが、まずやるべきことは、現在の通信量と通信料を確認することです。

もちろん家族のいる方は家族分全部を確認してください。
特に通信量は格安SIMのプラン選びの重要なデータとなりますから、数カ月分チェックしてください。

ソフトバンクならMySoftbankにログインすれば確認できます。

この結果、私の場合は、通信量が県外出張などの多い月でも3GB前後、音声通話もある程度使っていて、通信料は8000〜10000円ぐらいということがわかりました。

(2)スマホ本体代を考える

ソフトバンクと格安スマホの料金は単純に比較できません。
それは、ソフトバンクの料金にはiPhone本体代が含まれているからです。
大抵の場合2年間、24回払いの割賦として、月々の料金に含まれています。

格安SIMの場合は純粋に通信料だけですので、iPhone代は別に考えなくてはなりません。

しかも、円安もあってiPhoneの値段が高くなっています。

私が購入したiPhone6sPlusの128GBモデルは12万円を超える高価格のため、一瞬躊躇しますが、エクセル等表計算ソフトでこのままキャリアで割引を適用してもらって機種変更したほうがいいのか、あるいは機種代を割引無しで払ってでも格安SIMに移行した方がいいのかの計算をしてみることをオススメします。

特に、ソフトバンクでまだ残債がある場合は慎重になったほうがいいと思います。
ソフトバンクの機種では格安SIMが使えないため、残債を払ったうえで新しいスマホを購入しなくてはならなくなります。

格安SIMに移行して長く使えば、いずれは得するのですが、なにかもったいないですよね。
現在ソフトバンクを使っている方なら残債がなくなり機種変更するタイミングで格安SIMに移行するのがいいのではないでしょうか。

ちなみにですが、ドコモのスマホをお使いの場合はドコモ回線の格安SIMを使えるので本体を買い換える必要が無い場合が多いです(要確認)。

(3)格安SIM業者とプランを検討する

現在たくさんの格安SIM業者が乱立しています。
基本的には(1)で把握した現在の自分の使用状況をもとに各業者のプランでどれが自分に合うのかを探します。

私の場合はこのブログでも紹介した、もしもシーク、IIJmioみおふぉん、FREETELの3社にまず絞りました。

そして最終的にイオンでみおふぉんを申し込むとデータ量1GB増量(24ヶ月、毎月)、無料通話600円分付き(6ヶ月、毎月)のサービスがあり、店頭販売という安心感もあって、IIJmioみおふぉんに決めました。(2015年10月31日までのサービス)

(4)キャリアメールで登録しているIDやサービスを変更する

キャリアメールで登録しているIDや諸々のサービスを変更します。
私の場合はフリーメールのアドレスに変更していきました。

ここで私が大失敗したので注意して欲しいのがAppleIDとiCloudのID変更です。

ソフトバンクでiPhoneを契約した場合、AppleIDには◯◯◯@i.softbank.jpのキャリアメールのアドレスが使われていることが多いと思います。

これを変更する場合には、関連するiCloud、iTunes、iPhoneを探すなどのサインアウトをしておかなければなりません。

私はそれを知らず、先にAppleIDとパスワードを変更したため、iCloudのIDを変更できなくなり、現在完全に詰んだ状態になってしまいました。

これらの変更にあたってはAppleのサイトをよく読んでから行ってください。

(5)MNP予約番号を発行してもらう

ソフトバンクの場合、スマホやPCからのMNP予約番号の発行ができません(ガラケーはできるようです)。
電話か、ショップでおこないます。

私の場合はショップでおこないました。
対面でも気まずいこともなく、店員さんも愛想よく対応してくれました。
時間も5分位しかかかりませんでした。

注意点は、MNP予約番号を発行してからの有効期限が15日間ということ。
手数料が3240円かかることと、契約解除料が10260円かかること(無料で契約解除できる期間があるので要確認)。
そして、ソフトバンクポイントやTカードと連携していない場合のTポイントは消滅することです。

(6)移行先のSIMにMNPする

先述したようにイオンでの購入に決めたので、高松イオン内のショップに新しいiPhoneを持込んで移行しました。

必要な物は
・MNP予約番号
・本人確認ができるもの (運転免許書など)
・クレジットカード
です。

契約書への記入など含めて通常30分〜1時間で完了するそうですが、この日はIIJmioの本部(?)が混み合っていたのか、結局全部で2時間近くかかってしまいました。

この間、ショッピングモールをウロウロして暇つぶしをするのですが、注意して欲しいのはそれまで使っているiPhoneが、IIJmioがMNP転入手続きをしたタイミングで圏外になることです。

ショップには一緒に行っていた妻の携帯の番号を伝えておいたので、手続完了の連絡を受けることができましたが、一人でいく場合は要注意です。
といっても、せいぜい数十分のことですが。

本当に注意が必要なのは、SIMを通販で買う場合です。
一定期間手元のスマホが圏外となる場合があります。
十分注意してください。

(7)格安SIMで通信できるように設定する

私の場合は店頭販売でしたので、ショップの方にお願いして、SIMカードを挿すのも、APNの設定もしてもらいました。

自信のない方は私のように店頭販売を利用してショップの方にお願いしてやってもらうといいと思います。

ただ、私は結局この後、前のiPhoneのデータを新しいiPhoneに復元したときにデータ通信ができなくなり、SIMの抜き差しも、APNの設定も自分でもう一度やることになってしまいました。

やってみるとすごく簡単な操作なので、おそらく誰にでもできると思います。
通販でも大丈夫です。

(8)格安SIMのアプリをインストールする

各業者で通信量を確認したり、低速・高速モード切替をしたり、データ量を買い足したりするためのアプリを用意してくれていると思います。

これは必ずインストールしておきましょう。

みおふぉんだとこの二つ

こちらはデータ量を確認したりするアプリ。

こちらはみおふぉんで割安に電話をかけるアプリです。

もうひとつIIJmioみおふぉんの場合は、契約から1ヶ月以内にメールアドレス登録をする必要があります。
こちらも忘れずに。

(9)プランに収まっているか確認

これはこれから1ヶ月使ってみて確認します。

契約後もプラン変更ができますし、みおふぉんの場合はあまったデータ通信量を翌月に持ち越すこともできるので、今後どんな使い方が自分にとってベストなのかこまめにチェックしていこうと思っています。

結果と反省点など

まだ、自宅と職場、及びその往復の過程でしか使っていないため、IIJmioみおふぉんの評価はできないですが、今のところ総評すると満足です。

都会では通信速度が遅くなる(特に通勤やお昼休みのような利用者の多い時間など)という報告があるようですが、うちは田舎なので、今のところその心配もないようです。

たぶん利用者が少ないのでしょう。
(僕の周りでは格安SIMを使っている人が一人もいません。「みおふぉん」という名前を知っている人もいません。)

ちなみに今朝この記事を書きながら通信速度を測定しました。

2回測定しましたが、2回とも十分な速度が出ています。

速度面では満足していますが、格安SIMで不安なのはアフターサービスです。

iPhoneのデータ復元をしたときにデータ通信ができなくなり、いろいろ調べても解決方法が見つからなかったときは、正直後悔しました。

ソフトバンクショップのように近所にリアルショップはありませんし、トラブルが起きたときにかなり対応が面倒です。

この点は格安SIMに移行する場合は覚悟しておかなくてはなりません。
幸い私は、あるブログを見て解決できましたが、解決するまでの(自分で調べる)時間と労力も、キャリアの料金には入っているのだなと感じました。

以上、今のところの結果と反省点です。

今後また気がついたことがあれば追記するか、新たな記事で報告したいと思います。

格安SIMを検討している方の参考になれば幸いです。

<追記>

みおふぉんを1ヶ月使ってみての感想や報告をこちらの記事にしています。
合わせてお読みください。

 

www.s-ichiryuu.com

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA