DJI OSMO POCKET で撮影したパノラマ写真をiPhoneに取り込む方法

IMG_5059

DJI OSMO POCKET は3軸ジンバルでぶれない動画が最大ウリですが、実はカメラとしても優秀です。

カメラ機能の特徴のひとつにパノラマ写真があります。
4枚の写真を横一列につなぐ「180度」と、縦3枚×横3枚の9枚の写真をつなぎ合わせた「3×3」の2種類のパノラマ撮影モードががあり、画角が狭くても広大な風景を撮ることができます。

ただ、撮影したパノラマ写真はそのままではパノラマ写真として保存できません。

この記事ではDJI OSMO POCKET で撮影したパノラマ写真をiPhoneに取り込む方法を解説します。

created by Rinker
DJI
¥31,300 (2021/10/24 00:44:52時点 Amazon調べ-詳細)

DJI OSMO POCKET で撮影したパノラマ写真をiPhoneに取り込む方法

DJI OSMO POCKET でパノラマ写真を撮影する方法

まずはDJI OSMO POCKET でパノラマシャシンを撮影する方法を解説しておきます。

IMG_5086


▲モニターを右から左にスワイプして撮影モードを選ぶ画面にします。
さらに下にスクロールして

IMG_5087

▲「パノラマ」モードを選び、さらに右から左にスワイプすると

IMG_5088

▲1×4の「180度」モードか、縦3枚×横3枚の「3×3」のモードのどちらかを選択します。

あとは録画ボタンを押して撮影するだけ、DJI OSMO POCKET が勝手に”首”を振りながら撮影します。

DJI OSMO POCKET でパノラマ写真を作成する方法

さて、撮影したデータはそのままではパノラマシャシンにはなっていません。

スクリーンショット 2019-05-24 10.41.40

撮影データを記録したmicroSDカードをMacにつないでデータを取り出そうとすると、

▲普通の動画と写真のデータがはいった「100MEDIA」、パノラマシャシンのデータがはいった「PANORAMA」、そしてタイムラプスデータがはいった「TIMELAPSE」の3つのファイルに分かれています。

スクリーンショット 2019-05-24 10.42.05


▲「PANORAMA」フォルダを開くと

スクリーンショット 2019-05-24 10.42.18
スクリーンショット 2019-05-24 11.51.33



▲前日に撮った3枚のパノラマ写真のデータが1枚分毎にファイルはいっています。

▲ひとつ例にお見せすると、1×4枚の180度パノラマの場合はこのように4枚の写真のデータが並んでいます。

この4枚のデータを処理して1枚のパノラマシャシンにつなぐのは、専用アプリの仕事です。

DJI Mimo

無料
(2019.05.24時点)
posted with ポチレバ

では、このアプリを使ってパノラマシャシンを生成する方法を解説します。

IMG_3376

▲DJI OSMO POCKET が電源が入った状態でiPhoneにつなぎます。

自動的に専用アプリDJI Mimo が起動します。

IMG_5055

▲画面右下の「再生」マークをタップ

IMG_5057



▲撮影したデータのサムネイルが表示されます。
パノラマデータの場合はサムネイルの左下にパノラマを表すアイコンが出ます。
このサムネイルをタップ。

FullSizeRender

▲すると自動的にパノラマシャシン生成が始まります。

FullSizeRender

▲パノラマシャシンの作成はこれで完了。

IMG_5073

▲自動的にiPhoneの写真アプリの方に記録されます。

IMG_5085

▲ちなみに、パノラマ生成が完了したパノラマ写真データには、サムネイル左上にチェック印が出ます。

3×3のパノラマシャシンも同じ操作です。

created by Rinker
DJI
¥31,300 (2021/10/24 00:44:52時点 Amazon調べ-詳細)

あわせて読みたい

www.s-ichiryuu.com

Amazonでお得にお買い物する方法

Amazonでの買い物は、Amazonギフト券にお金をチャージ(入金)して購入するのがおすすめです。
チャージするたびにチャージ額×最大2.5%分のAmazonポイントが貯まります。
しかも今なら、5,000円以上の初回チャージで1,000円分のポイントがもらえます。

詳しくはこちらの記事から↓

www.s-ichiryuu.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA