本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

SONY VLOGCAM ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法を紹介

ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法
この記事の内容
この記事では、SONYのVLOGCAM、ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法を設定段階から紹介しています。

こんにちは、なおさん(@ichiryuu)です。
YouTuberの表現方法の一つでタイムラプス動画かありますよね。
滑らかな早送り再生みたいなやつ。

僕もこれまでアクションカムでタイムラプス撮影してきましたが、ZV-1でもタイムラプス動画は撮影できるとのこと。

ただ、アクションカムのように撮影即タイムラプス動画完成とはいかないようで、少し手間がかかるんですよね。

ということで、今回はZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法を紹介します。

なおさん
なおさん

動画に特化したカメラというコンセプトなんだけど、特殊な撮影は一手間かかるんだよな。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥89,910 (2020/08/13 04:32:18時点 Amazon調べ-詳細)

ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法

撮影前の設定方法

ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法設定画面

▲まず、設定の前にモードをP:「プログラムオート」、A:「絞り優先」、S:「シャッタースピード優先」、M:「マニュアル露出」のどれかにしておきます。
※今回は「プログラムオート」で撮影しました

注意
タイムラプスは静止画の連続再生なので、動画関連のモードのままでは設定できません。また写真の「おまかせオート」でも設定できません。
ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法設定画面

▲次にZV-1背面の「MENU」キーをおします。

ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法設定画面

▲「カメラ1」タブの3ページ目の5行目、「インターバル撮影機能」を選択

ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法設定画面

▲すると、「インターバル撮影機能」の細かい設定画面になります。
まず「インターバル撮影」を選んで

ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法設定画面

▲「インターバル撮影」を「入」にします。

ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法設定画面

▲次に「撮影開始時間」を選択して

ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法設定画面

▲シャッターを押してから撮影開始までの時間を設定します。
1秒〜99秒59秒まで設定できます。
※今回はすぐに撮影開始するために「1秒」に設定しました。

ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法設定画面

▲次に「撮影間隔」を選択して

ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法設定画面

▲「撮影間隔」を設定するのですが、これは撮影したいものと撮影時間を考慮して設定してください。
選択範囲は1秒〜60秒。
※今回の撮影では車載撮影は「3秒」、海での撮影は「5秒」間隔にしました。

ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法設定画面

▲「撮影回数」はシャッターを切る回数です。

ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法設定画面

▲今回は約1時間ほど撮影するので、とりあえず1000回にしてみました。
先出の「撮影間隔」と「撮影回数」は撮りたい対象と撮影時間によって決めてください。

ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法設定画面

▲「AE追従感度」のAEとは自動露出のこと。
インターバル撮影中の明るさの変化に対応する自動露出の追従感度を設定します。

ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法設定画面

▲「高」「中」「低」の3つから選択しますが、「低」が露出の変化が一番なめらかになります。

ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法設定画面

▲その他、「インターバル撮影機能」の2ページ目には「インターバル時シャッター方式」と「撮影間隔優先」という項目がありますが、今回の撮影ではこちらの機能は触っていません。

ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法設定画面

▲あと、撮影する写真の横縦比ですが、タイムラプス動画をYouTubeに使うのであれば、「16:9」を選択しておくことをお勧めします。

注意
「16:9」に設定しておくとPCでタイムラプス動画を作成するときにトリミングの必要がなくなります。
ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法設定画面

▲「16:9」以外にはご覧の横縦比が用意されています。
インスタ用でしょうか、「1:1」もあります。

以上で設定は終了です。
今回のテスト撮影では、1本目は車載撮影、2本目は海辺で固定しての定点撮影にしました。

ZV-1で車載タイムラプスを撮影

▲車載撮影の設定は、撮影間隔3秒で行いました。

ZV-1で海辺でタイムラプス動画を撮影

▲海辺で固定しての撮影は5秒間隔で撮影しています。
ちなみに、比較のためにOSMO POCKETも同じ場所で撮影してみました。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥89,910 (2020/08/13 04:32:18時点 Amazon調べ-詳細)

撮影したタイムラプス動画をカメラでチェックする方法

さて、撮影した写真をタイムラプス動画にするにはPCで編集する必要がありますが、簡易的にカメラで再生してチェックする機能があります。
その方法も紹介しておきます。

ZV-1で撮影したタイムラプス動画をチェックする方法

▲カメラ背面の「MENU」キーを押して、「再生」のタブの3ページ目を開きます。
そこに「インターバル連続再生」の項目があるのでこれを選択すると、

ZV-1で撮影したタイムラプス動画をチェックする方法

▲SDカード内のインターバル撮影したデータが表示されるので、再生したいデータを選択します。
あくまで簡易的な再生なので、カクカクとしたコマ送り的な再生となりますが、これで撮影したものをその場でチェックすることができます。

タイムラプス動画を作成する方法

それでは撮影した連続写真をタイムラプス動画にする方法にうつりますが、連続撮影した写真をつなぎ合わせてタイムラプス動画にするアプリケーションソフトは沢山あるようです。

ですが今回はSONYの公式アプリを使って作成する方法を紹介します。

ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法

SONYの公式サイトから「Imaging Edge Desktop」をダウンロードします。

ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成するためのアプリ

▲「Imaging Edge Desktop」を起動すると「Remote」「Viewer」「Edit」の3つのメニューが表示されるので、「Viewer」を起動します。

ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法

▲「Viewer」にインターバル撮影したデータを表示させ、

ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法

▲タイムラプス動画にする写真を全て選択します。

ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法

▲アプリケーションソフトの左上の方には選択した写真の枚数が表示されています。

ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法

▲写真を選択した状態で、「ツール」の中の「タイムラプス動画の作成」をクリック。

ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法

▲すると、上記のような画面が表示されるので「現像設定」「保存方法」「トリミング」などを設定するのですが、今回僕が設定したのは「保存先」だけでした。
RAW撮影していませんから「現像設定」は必要ないし、最初から16:9で撮影しているので「トリミング」も必要ありませんでした。

ということで、保存するファイルだけを設定して、「保存」をクリックします。
あとはアプリが勝手にタイムラプス動画を作成してくれるので完成するの待つだけです。
(結構時間がかかります)

ZV-1でタイムラプス動画を撮影・作成する方法

▲出来上がったタイムラプス動画は指定した場所に自動的に保存されます。

以下、今回ZV-1でインターバル撮影し、その連続写真から作成したタイムラプス動画の作例です。

▲車載撮影のタイムラプス動画です。
撮影間隔は3秒、もっとカクカクした映像を想像していましたが、けっこうなめらかな動画になっています。

▲海辺で固定して撮影したタイムラプス動画。
撮影間隔は5秒です。

▲比較のためにOSMO POCKETで撮影したタイムラプス動画です。
撮影間隔はZV-1と同じ5秒間隔です。
意外にもZV-1よりも明るく撮影されていました。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥89,910 (2020/08/13 04:32:18時点 Amazon調べ-詳細)

ZV-1でタイムラプス撮影・作成する方法 : まとめ

以上、ZV-1でタイムラプス動画を撮影する方法を紹介しました。

僕のようにアクションカムから動画撮影をスタートした人にとって、タイムラプス動画は撮影すればカメラで自動的に作成してくれるものというイメージがあると思います。

なので、ZV-1を購入してからZV-1ではインターバル撮影してそのデータをPCで編集しなければならないと知ったとき、かなり驚きました。

正直言って面倒だなと感じたものでした。

しかし、実際にやってみると、アクションカムに比べて一手間かかるのは事実ですが、それほど面倒でもなかったです。

また、出来上がった動画を見ていただくとわかると思いますが、滑らかな映像ができていて、OSMO POCKETと比較しても全く遜色ないと思います。

ただ、個人的な感想としては、もしタイムラプス撮影が簡単にできるアクションカムを持っているのなら、通常の撮影にはZV-1を、タイムラプス撮影にはアクションカムをという具合に役割分担するのが一番簡単でいいかなと感じました。

やっぱり簡単な方がいいですし、タイムラプス撮影は長時間撮影になるため、ZV-1のバッテリー問題もありますからね。

なおさん
なおさん

モバイルバッテリーで給電しながら撮影するのが安心かな。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥89,910 (2020/08/13 04:32:18時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥102,488 (2020/08/13 16:05:42時点 Amazon調べ-詳細)

ZV-1関連記事

SONY VLOGCAM ZV-1【レビュー】気軽に高画質撮影を始めたいYouTuberにぴったりの高性能コンデジ 【設定】ZV-1を配信カメラにするときに大切な設定2つ 【随時更新】ZV-1おすすめ周辺アクセサリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA