本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

ロバート・キヨサキ著 『金持ち父さん 貧乏父さん』 その⑫最終回

『金持ち父さん 貧乏父さん』について12回目、最終回です。

ながながと『金持ち父さん 貧乏父さん』について取り上げてきましたが今日で一応最終回です。

エピローグ
・たった七千ドルで四人の子供を大学に行かせた男の話
ここは投資の成功例としてお読みください。

・いますぐ行動しよう!
繰り返しの内容になるのですがこの章の一部を以下に引用します。

あなたは二つの貴重な贈り物を手にしている。それは頭と時間だ。その二つを使って何をするは完全にあなたの自由だ。お金を手にするたびに思い出して欲しい、あなたの運命を決定するのはあなた以外誰でもないことを。お金を手にしたとき、何も考えずにくだらないことにそれを使ってしまうのは「貧乏になる道」を選ぶことを意味する。ローンで家や車を買って負債を増やすためにお金を使うのは、「中流階級への道」を選ぶことを意味する。お金を自分の頭に投資し、資産の獲得の仕方を学ぼうとする人は、自分の目標、未来の自分の姿として「金持ちになる道」を選んだ人だ。

ここまで読んでこられた方ならどの道を選ぶか、もうはっきりしてますよね。
私が最初にこの本を読んだときそれこそ「目から鱗」状態でした。
でも何もしなかったんですよ。
当時は日本経済がどん底の時期、投資とかおっかなくて手が出ませんでした。
その結果、数年経った今も全く状況は変わっていません。

ただ、何かはじめたいという気持ちはあったんでしょうね。
『金持ち父さん貧乏父さん』の巻末に
ロバート・キヨサキが勧める本 あなたのファイナンシャル・インテリジェンスを高めるためにというページを発見!

ここに紹介されている本を読み始めました。
日本で出版されてないものや現在入手困難な本もありますが、ここにリストアップされている本、はっきり言って宝の山です。

いずれこれらの本も紹介していきたいと思っています。

さて、”一流へのスタート”として『金持ち父さん貧乏父さん』取り上げてきたのも今日で一応終わりです。

まだ読んだことがない人は是非読んでください。以前読んだことがある人は再読してください。

そして一緒に「金持ちへの道」のスタートを切りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA