本を耳で読む Amazon Audible 30日間無料体験キャンペーン実施中

答えは原因にある!【書評】ジェームス・スキナー(著)『100%』 サンマーク出版

おはようございます、最近冒険していない一龍(@ichiryuu)です。

さて今日は、当ブログでは超ひさしぶり、ジェームス・スキナー氏の新刊をご紹介。

まさに「愛と冒険」の人生を送る、エネルギッシュに活動されているスキナー氏から、100%どころか120%のエネルギーをいただける本です!

【目次】
『100%』及び著者を称える人々
著者からの一言
第1部 人生の選択
第2部 愛と冒険への道
第3部 成功者の時間管理
第4部 100%の法
第5部 俺は生きたのだ、どうだ!

【ポイント&レバレッジメモ】

心の準備ができたとき、奇跡が起こる!
必要なのは、最高の人生を生きたいという気持ちと、この「たったひとつの原則」を心から受け入れて、それを実践するという決意だけである。

唯一変わりえるものは何だろうか?
それは、あなた自身の選択なのだ!

選択以外に変えられるものはない。

この偉大な力は、自由意志といって、神様が人間に与えてくださった最も貴重な賜物といえる。

しかし、成功者は、その「嫌いという気持ち」を自分の「目的意識」に服従させて、望む結果の原因をつくるようにしている。

けっきょくのところ、人生の生き方は、ふたつしかない。

好きなことをすべてやって、欲しい結果をひとつも手に入れないという生き方と、必要なことをすべてやって、欲しい結果をすべて手に入れるという生き方のふたつである。

「20年の経験を持っている人がいる。しかし、1年の経験を20回繰り返しているだけの人もいる」
あなたは、どちらだろうか。

どうしたら幸せになれるか。
これは、私のよく受ける質問である。
そして、20年間にわたり、25万人以上の人を指導してきた結論を言おう。
愛と冒険だよ!

目標は、現実的であるかどうかは、どうでもいい。
それを達成するための手段が、現実的であるかどうかは、肝心だ!

「宇宙に行った人間もいる。人間のできることは、自分にもできるはずだ!」
人間のできることは、あなたにもできる!

100%の人生を生きたければ、
今やっていることの80%をやめることだ。
100%は、残りの20%にあるのだ!!!

 大金持ちは、わがままだと勘違いする人が多い。実をいうと正反対である。自分のためにだけとっておくものは、けっきょく現金の流れを食いつぶすだけである。だから、自分のもっているものを人にも利用させて、その対価として、継続的な収入を得るのだ。

 人生は選択であるが、幸福になりたいと思えば、愛と冒険を選択しなければならない。ほかに幸福への道はない。

いくらお金があっても、愛と冒険をやっていなければ、お金はただの数字にすぎない。
いくら時間があっても、愛と冒険をやっていなければ、逆に迷惑だ。退屈な空間が増えるだけである。
健康であっても、愛と冒険をやっていなければ、無駄に酸素を吸っているだけと言えよう。

愛と冒険だよ!

 人生の目的は生きることである。
ここで経験できることを100%経験することだ。
10%だけを味わって、ここを去るわけにはいかない。
100%以外の基準はもうないのだ!

人生の目的は生きることである。
つまり、愛と冒険の精神で、すべてを経験することだ。

【感想など】

Facebookで著者を追いかけていると、今はバルト3国を自転車で旅行中みたいですね。
本書に書かれているとおり、「愛と冒険」を実践されている方です。

本当にエネルギッシュ!
本書からも彼のエネルギーをたくさんいただきました。

こういう成功本は、どっぷりハマるのはどうかと思いますが、やる気をチャージする意味で定期的に読まないといけませんね。

さて、サブタイトルの

「すべての夢を叶えてくれる、たったひとつの原則」

370ページ越えの本書にはいろいろな”原則”が登場して、一瞬「あれ、どれがたったひとつの原則だったの?」となってしまいましたが、ワタクシにとってはこれかと。

結果ではなく、原因に対して決意する

これはぜひ心に刻んでおきたい原則です。

人生は選択の結果である。

選択は原因であって、その結果が人生。

そして我々に返ることができるのは原因である選択だけである。

それが結果のためなら、「嫌い」なことでも「必要」なこととして「やる」のです。

常に「結果」のために必要な「原因」、つまり選択をし続ける。
「成功者はやるべきことやる」から成功者なのです。

本書にはこの原因と結果の関係を説明するのに、ツール・ド・ヨーロッパという自転車レースの例が書かれています。

ヨーロッパ最大の自転車レースで、5000kmを走り抜きます。

5000kmという遥か彼方のゴールにフォーカスすると気がめいりますが、唯一ゴールできる「原因=選択」は自転車をこぎ続けること。

ここにフォーカスして選手たちは「こげばいいでしょ!こげば!」と開き直ります。

必要な行動をするように開き直る。
正しい行動をとり続ければ、成功は間違いない。

プロブロガーに憧れながら、ちょっと仕事がしんどいとすぐに怠けてしまうワタクシには

「書けばいいでしょ!、書けば!」

と開き直ることでしょうか?

それしか「結果」を生み出すことができない「原因」にフォーカスする。

これしかないんですよね。

書くぞ!

さて、もうひとつ大切なこと。

今回の【ポイント&レバレッジメモ】では割愛させていただいたが、スキナー氏の主張の特徴に、健康を最優先課題にしている点があります。

本書でも取り上げていますが、食事に関しても非常にこだわりがあり、『成功の9ステップ』では、午前中に動物性タンパク質は採らない、といった健康法を紹介していました。

何を優先にするかは、成功するためのおおきな課題でもあります。

普通は成功哲学でもビジネス書でも”仕事”となるのでしょうが、ジェームス氏の主張は

「忙しい人ほど健康を最優先にしなさい」

というもの。

そのためには、運動も食べ物も気をつける。
当たり前ですがここでも、健康という「結果」のために、運動や食べ物といった「原因」にフォーカスしています。

我々は健康第一、健康のありがたさを知っているはずなのですが、ついつい目の前の仕事に追われていちばん大切な自分の体をかまってやれないですよね。

スティーブ・ジョブズがかつて言ったように、
「墓場で大金持ちになる」っても仕方がない。

成功を目指すなら、まずは自分の一番のパートナーである自分自身をしっかり作り上げて管理する。

そこにも目を向けましょう。

というワタクシも最近運動してないなぁ。
それに旅もしていない。

だめだ、だめだ!
人生は「愛と冒険だよ!」

【関連書籍】

同著者の既刊本

驚異的に学習を早める方法、疲れ知らずの身体をつくる食事と運動、一瞬で感情をコントロールするコツ、自由時間を増やすスケジューリング……世界レベルの成功者たちが実践する様々な手 法から、効果の高いものを厳選して9つに分類。望みを明確にするプロセスや、人を動かすリーダーシップなど、成功に必要な知識を集約した究極のバイブル。

アメリカ国務省、世界最大級コンサルティング会社の日本社長、2000億円を運用するヘッジ・ファンドの会長、日経CNBC『夜エクスプレス』・『ビートたけしのTVタックル』などを盛り上げる評論家の経歴を持つ著者が、他にない視点でとても分かりやすく日本の現状と将来を説明してくれる名著。

【管理人の独り言】

本書には講演の模様を一部収録したCD-ROMが付録でついています。

まだ、動くジェームス氏を見たことがない人はぜひ御覧下さい。

b149e72b.jpg

(それにしてもこの写真、はりせんぼんのはるなさんに似ている・・・・と思ったのはワタクシだけでしょうか?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA